絶対知っておくべき初心者が信用取引に手を出すのも危険のいろはIL88

基本的に信用取引はしないのが初心者の前提になります。

ミスをする可能性が初心者であれば多くなってしまうわけです。つまりは、信用取引はリターンも大きいですが、リスクもより多くなってしまうのですから、避けるべきなのは確かです。

あくまで現物投資を最初はしておくべきでしょう。慣れてきて、自信が出てきたら信用取引をすればよいです。

信用取引はリスクも大きいですから、少なくとも初心者は手を出さないことが原則です。

絶対受けたい株式を僅かに保有して不条理、不当な利益を得る集団の授業KS

総会屋という人達、組織をご存知でしょうか。

これは株式が1単元でも持っていれば総会に参加できて発言ができることを逆手にとって、様々な妨害行為をする人達です。

妨害なんてして、何のメリットがあるのか、といいますと企業側が邪魔をしないで欲しい、いくらか包む、と言う行為をするのを待っています。

直接せびることもありますが、組織が特定の何かを定期的に企業に購入させたりすることもあります。独自の薄い経済紙もどきを作り、売りつけることが流行したことがあります。

1からはじめる「総会屋」は通俗語入門MI17

総会屋とは通俗語であり、わかりやすくいっているだけです。

但し、法的に名称が決まっているわけではないです。プロ株主とか特殊株主とか呼ばれることもありますが、これも勝手に命名しているだけです。

そもそも本質的にこうした生業をしている人たちは要するに、ヤクザになります。反社会的な組織であり、株主としての権利を主張して発言をするのは問題ないですがそこから不当に利益を引き出そうとするのは問題がある行為になります。

初心者のための明治時代から問題視されていた情報局RT10

総会屋ですが実は記録としては明治あたりからあります。

大正時代にはそうした人達、組織に対して法的な規制を主張して、企業には対策をさせようと考えた法律家もいるほどです。

その後、最も流行したのは高度経済成長、バブル期でしょう。ある意味で最も総会屋の人達が多く、儲けた時代と言えます。別に登録制ではないので正確ではないですが、1万人程度の総会屋がいたとされている時代です。

やはり景気が良い時にこうした人達は増えます。

買いたい銘柄を選ぶドットコムEJ89

いざ口座を開いたのであれば、後は買いたい銘柄を見つけることです。

それを探すことの時間に最も時間を割くといえるでしょう。ちなみに売りから入る注文もありますが、まだ証券口座を開いたばっかりであり、まだまだ初心者であるならば売りから入るのは気にしないで良いです。純粋に値上がりする可能性がある株を狙うようにしたほうがよいでしょう。

インカムゲイン、キャピタルゲインとありますがまずは狙うのは後者がよいでしょう。

日経新聞 無料
日経新聞 無料

・日経電子版の料金が無料になる方法をご存じですか?気になる方はこちらのサイトへ!

・日経新聞電子版は高すぎるという方に朗報。今なら無料で日経が読めます!|日経電子版料金情報局
・http://xn--n9j7b9b078wg0k4ducvs564cf9jx8c101c8li1t1b2t2b.com/